Reel

Reel · 15日 1月 2019
リールの表情を決定づけるパーツとしてFace Plateが挙げられます。 写真の黒い樹脂部材を私はFace Plateと呼んでいます。 この黒い樹脂材はエボナイトと言う材料で、万年筆やボーリングの球などに使用されています。 エボナイトはゴムの一種で磨くと黒く光り、黒檀(ebony)に似ていることからeboniteと呼ばれています。(ウキペディアより抜粋)...
Reel · 11日 1月 2019
リールの加工を開始しております。 最初の工程は円盤状の板材の両面の端面仕上げ加工を行い板厚を調整します。 次にセンター穴加工を行いセンター穴基準で外径加工を行います。 そして必要に応じてセンター穴径を広げていきます。 今回材料としては、ジュラルミン、ブラス、ステンレスを準備しました。...
Reel · 02日 1月 2019
昨年 父が他界したため新年のご挨拶はご遠慮させていただいておりますが、 Retro Rod&Reel 本年もよろしくお願いいたします。 今年も、一つ一つを丁寧に!取り組んでまいります。 昨年末より、リールハンドルノブについて投稿がありましたので、私が今までに加工したノブの写真を整理してみました。
Reel · 27日 12月 2018
自作リールのハンドルノブは鹿の角やエボナイト、カリン、バンブーなどで作製する場合があり、最近では手持ち市販リールのハンドルノブ交換も行ってきました。 特にオールドリールはハンドルノブのガタツキや摩耗により交換したほうが良いリールも散見されていました。 その中で、交換を躊躇しているリールも存在していました。...