Glass Rod

普段はバンブーロッドを使っていても、源流釣行で高巻きするようなシーンでは安全のため両手を使いたいものです。

そのためロッドはフライベストの背中のポケットにすっぽり収まるようなパックロッドを愛用しています。

ロッドの長さにもよりますが、5pc~6pcのグラスロッドで、20cm程度のトラウトを釣ってもロッドがしっかりと曲がりようなアクションが好みなのですが、なかなか好みのアクションのグラスのパックロッドがありませんでしたが、やっと見つけました。

グランクのみを購入し、私がビルディングしたグラスロッド達で、ショートレンジでもよく曲がるスローなアクションです。

バンブーにしてもグラスにしても好みのアクションの言うのは変わりがなく、バンブーからグラスに持ち替ええても、グラスからバンブーに持ち替えても重量に違いを多少感じるぐらいで、フィーリングは大きく変わらないと思います。

以前、バンブーの5pcロッドを作製しましたが、金属フェルールが4つあると持ち重りがして、理想のアクションにはなりませんでした。

金属以外の軽量フェルールならばとも考えましたが、個人的な考えとして、金属フェルールを超える信頼性をもつものはないと考えております。

 

話はそれましたが、グラスロッドの軽量コンパクトさは源流釣行に役に立つ以外に、常にベストの後ろポケットに忍ばせていることにより万が一のトラブル時に予備ロッドがあるというだけでとても安心感があり、今年も友人のロッドトラブル時に活躍しました。

 

マルチピースのグラスロッドでのトラブルとしてメスフェルール部の口割れなどをよく聞きますが、補強巻きしており、またオスフェルールが差し込まれる付近も補強巻きしております。

 

このロッドは#3ロッドで、7’00”、7’03”、7’00、7’06”の3レングスの6pcです。

個人的には7’03”が一番アクション的にお気に入りです。

現在ブランクの状態では、ダークブラウンの7’03”がございます。

税込み58000円